« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »

2017年3月

2017年3月19日 (日)

JDR2017-1あとがき

Dsc_3115


Dsc_3117

初めて採用したSPECクラス。
普段の速度に慣れちゃった僕たちには若干の物足りなさを感じ....って方多かったんじゃないかな?
今回走行した2台、シャーシ以外はESC・モーター・ギヤ比・ホイール・タイヤ・ボディに至るまで共通でバッテリーも容量規制が入るトコトンまでイーブンなレギュです。
で、どこで差がつくかって?
ラインどりとモーターからのパワーを路面にいかに伝えるか?ってマシンセットの2点。
基本に立ち返るにはとても良いクラスだと思います。
今後のレギュの参考にしましょうね。色々とアレンジはするけど大がわりはさせない方向で。最初の一歩から中級者までちょうどいいなと思います。

ペースカーの事
各クラススタート時にペースカーを導入しスタートでのスピンアウトを防いでみました。結果どうかというと...慣れがいるのはわかってた事なんだけど
スタート→リタイアとか
スタート→周回遅れ
スタート→グチャグチャ
よりよっぽどいいと思います。
できればがんばって各車1.5m間隔以下で周回できれば理想.....
難しいけど頑張ろう!!

レースの事

ストック
内容が内容なんでどうしても私情が入ってしまうんだけどちょっとだけみんな我慢してね。
内藤師匠優勝おめでとう
本当に待ちに待ってた!
自分の事の様に嬉しかった!!
って事でストックはTQ&WINで内藤さん
レース全体としては落ち着いた見ていて楽しめるレースだったと思います。
鎌田選手はラップダウンがとても少ないセッティングを見出していました。
マシンだけなら最速でしたね本当に........勿体無い....
ただレースとしては自分とこで謝ってたんで僕はこれ以上言わんとこ....

トラック
伊藤さん、ボブさんの予告通りの優勝おめでとうございました。
HV Lipoを8.4Vで使用する事による実容量の変化、ペースカーでの周回があり今までより実質周回が増えた事、様々な要因があると思いますが100周完走はお一人でした。
おめでとうございました

インディ
依田さん、WD時代だと強制リタイアとなる3輪走行での優勝、歴史に残りそうです。
レースとしては台数が多かったけど私としては思ったほど荒れなかったな....が素直な感想。
レーシングアクシデントは9台だったかな?今野さん次回期待してます。

僕から皆さんへのお願い事、閉会式で僕が言ったことをみんなもう一度胸に留めておいてくださいね。
「レースを降りる勇気が必要な時もある」って件。

雑な締めでごめん、許してね。

って事でここからが報告です。

約20年お世話になった250mピストとお別れする時がついに来てしまいました。
エイ出版 RCワールドの皆さんが作ってくれJDRに引き継いだ世界最速のRCカーレースはこれでひとまず終焉を迎えることとなります

ピストでRCを走らせる事が好きで好きでたまらなく動き出した素人の私を支えて下さった
kimihiko-yanoさん、
トリオンさん、
JDRスタッフ、
エントラントの皆さん、
CSCの皆さん
本当にありがとうございました。

JDRを通して私は世界一最高に楽しいダチがこの3年でできたと思っています。
これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今後は7月よりスポーツランド山梨でJDR第2章が始まる事となります。
こちらはJDRメンバーで新しい歴史を作っていく事となります。
皆さんのご協力をお願いいたします。
もう一つの方の事はまた進展があった際に報告しますのでその際は皆さん相談にのってくださいね。

JDR代表 永田勝己

2017年3月18日 (土)

Japan Drome Race Rd.1 結果

Japan Drome Race 2017 Rd.1の結果です。

【予選】
・Indy
Dsc_3123

・Truck
Dsc_3124

・Stock
Dsc_3125

【決勝】
・Indy
Dsc_3127

Dsc_3130

Dsc_3144
依田選手が、途中で左前タイヤを脱落させて3輪状態で優勝しました。

・Stock
Dsc_3129_2

Dsc_3131

Dsc_3141
オーバル師匠と呼ばれる内藤選手が、RC World Drome、Japan Drome Race合わせても、初優勝しました。

・Truck
Dsc_3137

Dsc_3139

Dsc_3143_2
伊藤選手が、終始安定した速度で、優勝しました。

2017年3月11日 (土)

JDR2017-1 タイムスケジュール更新

遅くなりましたがタイスケ発表します。
ちょっとせせこましいけど何とかなるかなと思います。
チェックお願いいたします。

7:00        集合 エントラント確認およびエントリーフィー徴収
7:30~      スタッフの車を先頭に250mピストへ移動 ピストへの坂道及び坂道上部手前の広場(前にトレーラーハウスが置いてあったところ)に各自駐車後、本部及びピット設営
※ロードコース部は競輪学校の生徒さんがトレーニングに使用されるので絶対に入らないこと。
     ~9:00 全員参加にてコース清掃、修理

9:00~      開会式、写真撮影ほか

9:20~ 9:25 Spec-R
9:30~ 9:40 インディー
9:45~ 9:55 トラック
10:00~10:10 ストック

10:20~10:25 Spec-R
10:30~10:40 インディー
10:45~10:55 トラック
11:00~11:10 ストック

11:20~11:25 Spec-R
11:30~11:40 インディー
11:45~11:55 トラック
12:00~12:10 ストック

予選(ベストラップ方式)
13:00~13:05 インディー
13:15~13:20 トラック
13:30~13:35 ストック

決勝
13:55~14:00 Spec-R(5分間)
14:10~14:20 インディー(10分間)
14:35~14:45 ストック(10分間)
15:00~      トラック(100周周回レース)

表彰式、閉会式、ミーティング
15:40~

コースクローズ
16:30(厳守)

« 2017年1月 | トップページ | 2017年6月 »