« JDR 2016 Rd.1 リザルト | トップページ | Japan Drome Race 2016-2 タイムスケジュール »

2016年3月21日 (月)

JDR 2016 Rd.1 御礼

エントラントの皆様、
そして今回もサポートいただいた とりおん 服部 さま、
ほぼ全てのエントラントの胃袋を満たして下さった川地さん御夫婦、
計測及びMC 田部さん、
全般サポート 鈴木秀俊さん
誠にありがとうございました。

今回は初の天候不順による延期開催となり
直前エントリーキャンセル及び前日エントリーを経験したにもかかわらず
大きなトラブルもなく終了できた事を嬉しく思っており重ねて感謝いたします。

さて、レースに関して実のところあまり細かい事は覚えていません。
・インディーで鈴木浩孝選手がアガルタボディで初優勝
・ストッククラスで尾畑選手が前回に続き2連勝
・トラッククラスで依田選手が前回のインディーに続きクラス替えでも2連勝

レギュ変更により皆さんお持ちのモーター及びバッテリーに関するノウハウが
白紙になっているにも関わらず精細にセットされ結果を出された事に敬意を表します。
おめでとうございました。

【インディー】
30.5T→25.5T化に伴う影響はだいたい1lapあたり0.5秒速くなりました。
トップクラスの予選最速で10.7秒後半見ていても操縦しても私にとってはいい速さと感じています。
決勝でも50周を記録されています。

【トラック】
トラックのバッテリー7000→6000に伴う影響はペース的には38秒多くかかるようになった....
1lap換算すれば0.38s/lapとなりますが路面状況を考えると何ともですね。
完全に乾いた路面だと....?
依田選手の100周目のタイムは昨年最終戦の尾畑選手のタイムを上回っていたりなので一概には言えないけどほぼ同等?なかなか奥が深く感じています。
ただ、クラッシュアウトするマシンよりもバッテリーダウンする方が目につきました。
次回も期待しています。

【ストック】
・ストックの6000化に伴う影響
全くわからないです。
路面コンディションによる影響で全然読めません。
次回以降に答えが出てくるかな?

と、情け無い解釈で申し訳ありませんm(__)m

以降は皆さんからの種明かしに期待いたします。

閉会式ミーティングでの決定事項
・6月テストデーでも模擬レースを開催したい→各クラス、5分にて行う。
・F103L 30.5Tにてレディースレースを行う→OK
・何でもありクラスを開催したい→17.5T ノンブースト、ノンターボを上限としてOK
・実車カート試乗→路面に対する荷重攻撃性、設定速度、CSCとの協議を含め協議

その他として、ご存知の方も多いと思われますが
エントラントの方が帰り道で事故をされています。
怪我がないという事で胸をなでおろしましたが
人間も1日でかなりエネルギーを消費しますので十分に道中気をつけて下さいね。

また6月皆様にお会いできます事、楽しみにしております。

追伸......ここに書くべきかですが、宴会楽しかったです。
こちらのエントラントの皆様、大変お疲れ様でしたm(__)m

JDR代表 永田勝己

« JDR 2016 Rd.1 リザルト | トップページ | Japan Drome Race 2016-2 タイムスケジュール »

レポート」カテゴリの記事