« JDR 1st レポート | トップページ | JDR2014-2 公開テストデーに関して »

2014年3月18日 (火)

JDR 1stを終えて

昨年のテストレースを経てレギュ等で紆余曲折ありましたが無事に開催することが出来、ほっとしています。

そして何より「やってよかった」と思えた事が、レース前からの皆さんの「笑顔」。
レース中でも笑顔の中にもこみ上げる「真剣さ」そしてレースへの「真摯さ」。
さらには初参加の方を迎えていながらもエントラント同士のアットホームな雰囲気。
私の求めていたレースの形が自然と出来ていたことがとてもうれしく感じています。
できることならもっともっと皆で仲良くなり全員でスキルアップ、レベルアップをはかっていければさらに楽しいレースになると信じています。

次は6月に公式テストデーを迎えます。(梅雨時期だけど晴れることを祈って)
主たる目的は
・今すでにマシン的にはしっかり走れている方はテクニックの追求
・マシンが安定しない方はシャーシセッティングorリメイク提案
・どちらも出来てる方は各自相談窓口(当然自分の課題をこなしながら)
・皆の親睦を図る

このように考えています。

各ドライバーマシンセッティングに対する考え方、取り組み方、製作方法、ドライビングの好みそれぞれ皆違います。
端的に言えば、私はだら~とした動きのマシンが好みですが「スパン」とノーズが入るマシンが好みの方もいます。
色々な方の話を聞かれた上で答えを導き出してみませんか?

さて、今回のレース開催にあたり多くの方々の協力の下、楽しむことが出来ました。
以下順不同ですが、
・日本サイクルスポーツセンター殿
・とりおん殿
・kimihiko-yano殿
・ZEN殿
・TRG殿
・川地さんの奥様
・リムジン林殿
・佐藤正二殿
・都築さん
・そして全てのエントラントの方々
誠にありがとうございました。

« JDR 1st レポート | トップページ | JDR2014-2 公開テストデーに関して »

レポート」カテゴリの記事