« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月18日 (火)

JDR 1stを終えて

昨年のテストレースを経てレギュ等で紆余曲折ありましたが無事に開催することが出来、ほっとしています。

そして何より「やってよかった」と思えた事が、レース前からの皆さんの「笑顔」。
レース中でも笑顔の中にもこみ上げる「真剣さ」そしてレースへの「真摯さ」。
さらには初参加の方を迎えていながらもエントラント同士のアットホームな雰囲気。
私の求めていたレースの形が自然と出来ていたことがとてもうれしく感じています。
できることならもっともっと皆で仲良くなり全員でスキルアップ、レベルアップをはかっていければさらに楽しいレースになると信じています。

次は6月に公式テストデーを迎えます。(梅雨時期だけど晴れることを祈って)
主たる目的は
・今すでにマシン的にはしっかり走れている方はテクニックの追求
・マシンが安定しない方はシャーシセッティングorリメイク提案
・どちらも出来てる方は各自相談窓口(当然自分の課題をこなしながら)
・皆の親睦を図る

このように考えています。

各ドライバーマシンセッティングに対する考え方、取り組み方、製作方法、ドライビングの好みそれぞれ皆違います。
端的に言えば、私はだら~とした動きのマシンが好みですが「スパン」とノーズが入るマシンが好みの方もいます。
色々な方の話を聞かれた上で答えを導き出してみませんか?

さて、今回のレース開催にあたり多くの方々の協力の下、楽しむことが出来ました。
以下順不同ですが、
・日本サイクルスポーツセンター殿
・とりおん殿
・kimihiko-yano殿
・ZEN殿
・TRG殿
・川地さんの奥様
・リムジン林殿
・佐藤正二殿
・都築さん
・そして全てのエントラントの方々
誠にありがとうございました。

JDR 1st レポート

レースそのものの解説を書く事はなかなか難しいですね。

でも何も書かないと来られなかった方々には何もわからない(伝わらない)ので、私の私感で記載させていただきます。
また、大きくレギュの変わったインディークラスにもエントリーし成果の確認を行いました。

【各クラス共通】
昨年のテストレースとの比較になりますが、安定したマシンが多く感じられるようになりました。
JAPAN DROME RACE 2014にて皆さんで作成したTIPSが功を奏したと思いたいです。
テストレースに参加された方、参加されていない方それほど大きな差を感じることはありませんでした。

あえて厳しい言い方をさせていただくとマシンの挙動が「あやしい」方のマシンにはそれなりの原因があります。
6月のテストに参加していただけるならばその際にでも答えの光明を一緒に見つけていければと思います。

それともう一つ。
操縦時の視線移動のタイミングが慣れているもしくは上位にいる方々とそうでない方々に違いが大きく見受けられました。

予選→決勝間の充電禁止レギュのため、予選時間の3分間をどのように使うかに各人の考え方が今後出てくるかと思います。

また、ストックモード限定としているため、悩みどころはギヤ比(指数)、ローター径、モーター進角の3点と限られるため少し皆さんの煩わしさが減って操縦に集中しやすくなったかと思います。

【インディーカークラス】
30.5Tのモーターにも選択肢が出来てきておりこれから面白くなりそうな雰囲気を醸し出しています。
またタイヤも各人の製作テクニックによるところが多かったハチマキタイヤからBSRキャップドタイヤへ移行したことにより運転そのものが「楽」になりました。

練習走行時よりDRY鈴木浩孝選手の「ぶっちぎり」感が強い早さが目立ちました。
歴戦の猛者とのイメージです。
そして予選では2位以下と0.35秒の開きは大きなアドバンテージとなり、今回こそは・・・との期待を持たせてくれました。

しかしながら決勝直前、バックラッシュの調整ミスよりスタート後すぐにリタイヤ、鳩間選手以下バトルが開始されました。

13台での決勝レース。
10分間のレース経験は電動が主とするエントラントの皆さんにはあまりなじみがなく車体の動きが安定しているために4分を過ぎた頃にはドライバーから「あと何分~?」との声が聞こえ始めます。
しかし途中でのクラッシュによりイエローコーションがひかれるとそれまでの貯金が無くなるなどゲーム性もあり楽しめたと思います。

そして鳩間選手と私のバトル、直線は鳩間選手のマシンの方が若干アドバンテージがあるように感じられ、こちらはライン取りで勝負を挑み続け2ターン立ち上がりでバックマーカーを交わす際に鳩間選手が挙動を乱しその隙を突いて前に出ました。

7分を過ぎた頃には先ほどの時間による緊張感も薄れたのか10分レースの楽しさが出てきたようで「これ面白い!!」との声も多く出てきました。

4分レースでは1ミスが命取りになりますが10分だと・・・?

【ストッククラス】
なぜか予選1位をとれてしまった私。
練習走行でモーターをひとつおシャカにしてしまったのはご愛敬としていただいて、いつものメンバーが揃っており安心してレースが出来ると思いきや走行を重ねていく事にマシンの安定感が無くなっていき決勝序盤でクラッシュ3回ほどやらかした上リタイヤとなりました。

その間、依田選手内藤選手鈴木秀俊選手志々岐選手が続々とリタイヤし4台のサバイバルレースとなりました。

途中途中で繰り広げれられたバトルは息をのむ間も無いような、昔リムジン林氏がMCで「もっとみていた~い」と言っていたレースを思い出すような緊張感のある中、伊藤晴康選手が優勝。
自身3個目?かのトロフィーを持って帰られました。

ここで注目すべきは大谷選手。
初めてのストックとは思えないほど堂々とした走りでバトル随所で伊藤選手や鎌田選手と絡んでいたような?

逆に川地選手は一人旅の様相。
私ならこちらの方が拷問に感じます。
こちらもレース後はスッキリとした様子でした。

【トラッククラス】
12台での決勝となったこのレース。
予選でトップタイムをたたき出した春野選手。
練習か予選かでフロント廻りを壊してしまいボディーにテープ貼りをしての出場。

ところが決勝が始まってみると田村選手の独走状態。
途中でバッテリーがたれたのかと思いきや、後ほど聞いてみるとちょっと緩めて後続車との様子見をしてみたとレース後余裕の発言・・・はどうでもいいとして、100周の長さはやってみないとわからない。

昨年のテストレースでは完走1台ぽっきりでしたが今回100周完了車は2台、12台中6台はコース上に残っていました。

終わってみると19分の長丁場となりましたが予選+決勝で十分にバッテリーは持つことが証明されています。
またベストラップでも約0.4秒しか開きが無く退屈する速度域ではありませんでした。
またレースが長い分ドラマも多く発生し楽しめたと思います。

総括として、やったこと無いことをやってみようよと言ってみんなをのせるのは難しい。けれどもやってみて今までに経験したことが無いとこから面白さを見つける事って気持ちいいでしょ?

長々と私感を書いてみましたが間違ってる所あったらごめんなさい。
次回のテストでまたお会いできることを今から楽しみにしています。

JDR代表 永田勝己

2014年3月16日 (日)

Indy ボディギャラリー

Cimg3279s

Cimg3305s

Cimg3306s

Cimg3307s

Cimg3308s

Cimg3309s

Cimg3310s

Cimg3311s

Cimg3312s

Cimg3313s

Cimg3314s

Cimg3315s

Cimg3316s

Cimg3317s

Truck ボディギャラリー

Cimg3278s

Cimg3291s

Cimg3292s

Cimg3293s

Cimg3294s

Cimg3295s

Cimg3296s

Cimg3297s

Cimg3298s

Cimg3299s

Cimg3300s

Cimg3301s

Cimg3302s

Cimg3303s

Cimg3304s

Stock Car ボディギャラリー

Cimg3276s

Cimg3280s

Cimg3281s

Cimg3282s

Cimg3283s

Cimg3284s_2

Cimg3285s

Cimg3286s

Cimg3287s

Cimg3288s

JDR 2014 1st Truck Class

Japan Drome Race 1stのTruck Classのリザルトです。

【予選】
TQ:春野選手 9.854
Cimg3416s
シャーシ:自作
タイヤ:F BSR シルバー R BSR ゴールド
ボディ:HPI シルバラード
モータ:とりおん M4 21.5T(トルクφ13.5)
ギヤ比:スパー 71T/ピニオン 74T
ESC:TEKIN RS Pro
バッテリー:とりおん 7000

2nd:田村選手 9.893
3rd:尾畑選手 10.111

【決勝】
Cimg3456s

Cimg3544s
優勝(中):田村選手 100L 19'00.009 (BL 10.445)
2nd(左):春野選手 100L 19'03.805 (BL 10.226)
3rd(右):平野選手 99L 19'01.679 (BL 10.327)

Cimg3545s

(田村選手)
シャーシ:FROGGER
タイヤ:F BSR シルバー R BSR ゴールド
ボディ:HPI シルバラード
モータ:とりおん 21.5T
ギヤ比:スパー 70T/ピニオン 55T
ESC:MC960CR
バッテリー:とりおん 7000

(春野選手)
シャーシ:自作
タイヤ:F BSR シルバー R BSR ゴールド
ボディ:HPI シルバラード
モータ:とりおん M4 21.5T(トルクφ13.5)
ギヤ比:スパー 71T/ピニオン 73T
ESC:TEKIN RS Pro
バッテリー:とりおん 7000

(平野選手)
シャーシ:CRC
タイヤ:F BSR ゴールド R BSR ゴールド
ボディ:HPI F150
モータ:カワダ BAKUSO 21.5T
ギヤ比:スパー 70T/ピニオン 65T
ESC:マンバ マックス
バッテリー:とりおん 7000

JDR 2014 1st Stock Car Class

Japan Drome Race 1stのStock Car Classのリザルトです。

【予選】
TQ:永田選手 9.159
Cimg3284s
シャーシ:FROGGER
タイヤ:F BSR オレンジ R BSR シルバー
ボディ:WING TONELL
モータ:とりおん 21.5T
ギヤ比:スパー 70T/ピニオン 70T
ESC:TEKIN RS Pro
バッテリー:とりおん 7000

2nd:内藤選手 9.161
3rd:大谷選手 9.224

【決勝】
Cimg3442s

Cimg3540s
優勝(中):伊藤選手 60L 10'07.870 (BL 9.271)
2nd(左):川地選手 59L 10'00.702 (BL 9.614)
3rd(右):鎌田選手 59L 10'00.921 (BL 9.470)

Cimg3541s
(伊藤選手)
シャーシ:CRC GEN X-10 LE
タイヤ:F BSR シルバー R BSR ゴールド
ボディ:PF モンテカルロ HS
モータ:とりおん 21.5T
ギヤ比:スパー 70T/ピニオン 68T
ESC:アドバンス エレクトロニクス
バッテリー:TURNIGY 6000

(川地選手)
シャーシ:アソシ L4O
タイヤ:F BSR NET オレンジ R BSR NET ゴールド
ボディ:PF モンテカルロ HS
モータ:Gスタイル
ギヤ比:スパー 71T/ピニオン 78T
ESC:TEKIN RS Pro
バッテリー:LRP 5900

(鎌田選手)
シャーシ:(CRCベース)つっきんスペシャル
タイヤ:F BSR オレンジ R BSR シルバー
ボディ:マッカリスター
モータ:カワダ
ギヤ比:スパー 71T/ピニオン 70T
ESC:LRP
バッテリー:とりおん

JDR 2014 1st Indy Car Class

Japan Drome Race 1stのIndy Car Classのリザルトです。

【予選】
TQ:鈴木選手 11.292
Cimg3414s
Cimg3415s

シャーシ:F103L
タイヤ:F ZEN Hiラバー R BSR ゴールド
ボディ:ZEN Indyボディ
モータ:カワダ
ギヤ比:スパー 71T/ピニオン 76T
ESC:HW XeRUN 120A
バッテリー:イーグル 4400

2nd:鳩間選手 11.646
3rd:永田選手 11.681

【決勝】
Cimg3424s

Cimg3542s
優勝(中):永田選手 45L 10'12.141 (BL 11.792)
2nd(左):依田選手 44L 10'10.520 (BL 12.324)
3rd(右):今野選手 42L 10'01.290 (BL 12.212)

Cimg3543s

(永田選手)
シャーシ:F103L
タイヤ:F BSR シルバー R BSR ゴールド
ボディ:ZEN Indy ボディ
モータ:カワダ
ギヤ比:スパー 60T/ピニオン 60T
ESC:LRP ストック
バッテリー:LRP 4600

(依田選手)
シャーシ:
タイヤ:F R
ボディ:
モータ:
ギヤ比:スパー T/ピニオン T
ESC:
バッテリー:

(今野選手)
シャーシ:VBCレーシング
タイヤ:F BSR R BSR
ボディ:ZEN Indy ボディ
モータ:カワダ BAKUSO 30.5T
ギヤ比:スパー 71T/ピニオン 75T
ESC:HobbyWing
バッテリー:サンダーパワー

2014年3月13日 (木)

当日朝の注意事項

皆さんに大事なお願いです。

エントリーフィーは朝、サイテル下の待機場所で集めます。
くれぐれもお釣りのいらないように段取りの程、よろしくお願いします。

また、エントラントの中には身障者の方もいらっしゃいます。
ピストへの駐車はこの方を最優先して誘導します事、ご了解願います。

Indyの撮影会

インディな方々へ。

競技長様からOK頂きましたので、練習走行前に恒例の撮影会を実施したいと思います。

Indy093

気持ち5分くらい早め(タイスケだと9:25)にお集まりいただきピスト内で行います。

よろしくお願いします。

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »