« BSRのタイヤについて | トップページ | 指数計算とは? »

2013年12月28日 (土)

ドローム車製作の基本編

【テクニカル Tips】ドローム車製作の基本編

ここにはいろいろな方からの情報を記載しています。

【大湖さんより】
・とにかく「まっつぐ走る」車を作る。
・フロントタイヤ、左右の回転に極端な差は無いか?
・舵角は適正か?(オイラは30パー以下)
・トリム、サブトリム共に真ん中か
・サスは引っかからずにきちんと仕事してるか?
以上が第一歩かな?
後、今年オイラもやらかしましたが、「現場でどこかネジが緩んだままになっていたり、そもそも付いていなかったり…」 ピストでは「余裕」も必要ですね。

【アブルカさんより】
ステアリングサーボにはある程度トルクが必要でした。
初めて出た時に、ビギナー向けのセットでどれくらい走れるか試そうとして大失敗。
トルクが弱いと、バンクのGでステアしてもタイヤが動かず、ストレートに戻った瞬間スピンとか。
マシンがノーコンばりにコントロールできなくなりました。
というわけで、使ったのは2種類ですが、ステアリングサーボには6か7キロ以上のトルクが必要な気がしました。
車重はF103系です。

【鎌田さんより】
インディで10mmちょい それでもフロントノーズ裏側に擦り傷有りでした。

【内藤さんより】
私のクルマ、構造上の問題で車高8mmしかありません。
去年は「タ、タン」で通過していた4ターンが、今年は「ド、ダダダダダダ」ってな感じに路面が悪化してます。
そう考えると、10~12mmくらい必要ですね。
リヤサスはフルボトムしています。

【永田より】
僕の車は車高14mm擦り傷ありです。
ラインを選べないときに4ターンでシャーシをする音が盛大に・・・

【永田より】
どのクラスのエントラントの車を見ても「バンプイン」になる車、結構いらっしゃいます。
ぜひボディを外してフロンとサスをストロークさせてみてください。
シャーシを押さえた際にフロントタイヤがトーイン(もしくはトーアウト)になっていませんか?
ストレートからバンクに入った際、縦Gがかかりますよね。
その際にこの状態になるとスピードが落ちたりラインがぶれたりしてタイムダウンの原因になったりします。
ぜひご確認ください。

【内藤さんより】
ストックカーのボディ プロトフォーム製モンテカルロHSが新規入手できない今となってはどのような代替ボディがあるのか? 以下ご参考まで。
マッカリのボディの方はリヤタイヤハウスまわりが広くて、サスストロークが稼げそう。
ボーリンクの方は、今はYanoさんとこで売ってるWTのXHSかな?と同じ物のはず。
どっちもモンテに比べるとケツが短い。
屋根はマッカリが低めです。
マッカリはフロントが低い。
エンシノで走ってる連中が、前上げ後ろ下げを奨めるのは、それも理由の一つなのかも。

【永田より】
いろいろな方々のマシンを見て思うことですが、足回りを硬く(ばねを硬くしたりとか)する方がとても多く感じます。
しかしながらその事がよい結果になるかと言えばそうでもないですよ。
好みもありますが。
過去優勝車は硬さよりもしなやかさに主眼を置かれています。

車高が14mmあってもこんな感じで傷だらけ
Stock001_2

« BSRのタイヤについて | トップページ | 指数計算とは? »

Tips(共通)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。