トップページ | ドローム車製作の基本編 »

2013年12月28日 (土)

BSRのタイヤについて

【テクニカル Tips】
ストッククラスやスーパートラッククラスのタイヤに使うBSR製のタイヤって?

サイクルスポーツセンターの路面は普段なかなかお目にかかることができない特殊舗装がされていることと、使用率が低いため埃が多くスポンジタイヤでは全くといっていい程グリップしません。
しかしながらツーリング用のゴムタイヤを使用すると接着剥がれ、インナーが動いてしまいバランスが崩れる等様々な理由で高速走行時はシビアになりがちです。
そのためBSR製キャップドラバータイヤの使用率がとても高く現在の主流となっています。

ここではタイヤの選択に関して少々記載します。

種類について
kimihiko-yano.netさん、ゼノンレーシングさんにて輸入されているものは種類としてNETラジアル、EHWの2種類。
サイズはR,S,Lの3種類。

NETラジアルとEHWの違いは構造の違いによるスピードレンジと高温域での耐久性の違い。
EHWは気温45℃の下でも十分に安心してレースができました。
しかしサイクルスポーツセンターではそこまでは必要ないかな?とも思います。
これは購入される方々の気分と購入されるお店の在庫で選択していいと思います。

サイズに関して
R>S>Lの順で直径の違いがあります。(Rが一番大きい。)
サイクルスポーツセンターではRの使用率が圧倒的に多いです。

コンパウンドに関して
BSR社より発売されているのはやわらかいもの順で、
レッド>ピンク>グリーン>ブルー>ゴールド>シルバー>オレンジ
サイクルスポーツセンターの路面だとフロントにシルバー リヤにゴールドの組み合わせが多数を占めます。
逆にこれよりやわらかいコンパウンドを採用すると走行抵抗となってしまうようです。もっと見る

トップページ | ドローム車製作の基本編 »

Tips(共通)」カテゴリの記事

コメント

この記事へのコメントは終了しました。