2018年5月 6日 (日)

JDR2018-2 エントリー開始

JDR2018ー2のエントリー受付をはじめようと思います。

【開催概要】
開催日:6月16日(土) 予備日17(日)
開催クラス:ストック トラック インディ スペック
開催場所:スポーツランドやまなし内RCコース

【タイスケ】
7:00頃集合
8:00頃開会式
以下練習走行
毎時
15分~ストック
30分~トラック
45分~インディ
00分~スペック
計測は12分間ずつ回しっぱなし
15:00~各クラス決勝
17:00コースクローズ
19:00~反省会(参加者のみ)

【エントリー方法】
※出来るだけさっさとお申し込みください。
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角へ変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④ラップタイム送信用メールアドレス
⑤ポンダーID
⑥お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑦同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑧打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後甲府駅近傍にて打上げと称する宴会をします)

【予備日への移行判断】
6月14日正午 yahoo天気予報 山梨県甲府(中西部)にて6月16日の降水確率が80%以上であれば予備日へ移行、6月15日正午 yahoo天気予報にて6月17日の降水確率が80% 以上であれば中止(延期)とします。

【エントリーフィー】
シングル¥5000
ダブル¥7000
トリプル¥8000
とします。
エントラント数により開催必要金額に満たない場合は現地にて追加徴収とします。

【Japan Drome Race レギュレーション for SLY】
[共通事項]

レース及び予選開始時のバッテリー電圧は8.40Vを上限とする。(Li-HV使用可)
スピードコントローラーはブリンキーモードとし、車検時ニュートラルでの点滅を確認できること。
ゴムタイヤを使用の際はCRC製もしくは各社より発売されているF1用もしくは外径64mm以下のキャップドラバータイヤとする。

[Nascar class]
chassis:1/10 DD
motor:JMRCA EPT スポーツクラスにて公認されている17.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル
tire:自由
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:8minの周回レースとする。

[Super Truck class]
chassis:1/10 DD
motor:JMRCA EPR スポーツクラスにて公認されている21.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル
tire:ゴムタイヤ
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:100lapの周回レースとする。

[Indy car class]
chassis:1/10 F1 or F103L
motor:25.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル
tire:ゴムタイヤ
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:10minの周回レースとする。

[SPEC class]
chassis:1/10 DD 自作シャーシは認めない。
※Front suspension:キングピンを使用したサスペンションに限定する。(1/12,1/10用INDサスペンション、F1用キングピンサスペンション等)
※※Rear suspension:キット純正に準拠のこと。
Body:以下2種に限定する。
Mcallister製
GEN 6 FUSION Oval Body
GEN 6 SS Oval Body
※カットラインはボディに準拠
※※リヤウイングもボディに付属の物以外は認めない。
※※※翼端板の追加も禁止とする。
motor:JMRCA EPR スポーツクラスにて公認されている21.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル(ショートサイズ限定)
tire:ゴムタイヤ
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:5minの周回レースとする。
練習・予選・決勝を通しリヤタイヤの回転数は満充電時、コース設置のローラーを駆動し計測するローラーの回転数が9800rpmを超えないこと。

こんな感じで

2018年2月22日 (木)

JDR2018-1開催告知

JDR2018-1開催告知
開催日 3月17日(土)
予備日 3月18日(日)
エントリー受付期間 2月23日~3月1日
開催場所 スポーツランドやまなし内RCコース
開催クラス ストックカー・スーパートラック・インディーカー・SPEC
各クラスレギュレーション 以下に記載

※出来るだけ期間中でさっさとお申し込みください。
エントリー方法
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角へ変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④ラップタイム送信用メールアドレス
⑤ポンダーID
⑥お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑦同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑧打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後甲府駅近傍にて打上げと称する宴会をします)

予備日への移行判断
 3月15日正午 yahoo天気予報 山梨県甲府(中西部)にて  3月17日の降水確率が80%以上であれば予備日へ移行、
  3月16日正午 yahoo天気予報にて3月18日の降水確率が80% 以上であれば中止(延期)とします。

エントリーフィー
 シングル¥4000
 ダブル¥6000
 トリプル¥7000
とします。 
エントラント数により開催必要金額に満たない場合は現地にて追加徴収とします。

Japan Drome Race レギュレーション for SLY
・共通事項
レース及び予選開始時のバッテリー電圧は8.40Vを上限とする。(Li-HV使用可)
スピードコントローラーはブリンキーモードとし、車検時ニュートラルでの点滅を確認できること。
ゴムタイヤを使用の際はCRC製もしくは各社より発売されているF1用もしくは外径64mm以下のキャップドラバータイヤとする。

・Nascar class
 chassis:1/10 DD
 motor:JMRCA EPT スポーツクラスにて公認されている17.5Tのモーターを1ケ車載する。
 battery:2セル
 tire:自由
 予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
 決勝長さ:8minの周回レースとする。

・Super Truck class
 chassis:1/10 DD
 motor:JMRCA EPR スポーツクラスにて公認されている21.5Tのモーターを1ケ車載する。
 battery:2セル
 tire:ゴムタイヤ
 予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
 決勝長さ:100lapの周回レースとする。

・Indy car class
 chassis:1/10 F1 or F103L
 motor:25.5Tのモーターを1ケ車載する。
 battery:2セル
 tire:ゴムタイヤ
 予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
 決勝長さ:10minの周回レースとする。

・SPEC class
 chassis:1/10 DD 自作シャーシは認めない。
 ※Front suspension:キングピンを使用したサスペンションに限定する。(1/12,1/10用INDサスペンション、F1用キングピンサスペンション等)
 ※※Rear suspension:キット純正に準拠のこと。
 Body:以下2種に限定する。
 Mcallister製
 GEN 6 FUSION Oval Body
 GEN 6 SS Oval Body
 ※カットラインはボディに準拠
 ※※リヤウイングもボディに付属の物以外は認めない。
 ※※※翼端板の追加も禁止とする。
 motor:JMRCA EPR スポーツクラスにて公認されている21.5Tのモーターを1ケ車載する。
 battery:2セル(ショートサイズ限定)
 tire:ゴムタイヤ
 予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
 決勝長さ:5minの周回レースとする。
 練習・予選・決勝を通しリヤタイヤの回転数は満充電時、コース設置のローラーを駆動し計測するローラーの回転数が9800rpmを超えないこと。

2017年10月25日 (水)

JAPAN DROME RACE 2017 CSC400

みなさまお待たせいたしました。
CSC400のエントリーを受付けます。

JAPAN DROME RACE 2017 CSC400
開催告知、タイムスケジュール
場所:日本サイクルスポーツセンター400mピスト
住所:静岡県伊豆市大野1826
開催日
11月4日(土)予備日5日(日)

エントリー期間11月1日
※出来るだけ早めにお申し込みください。
エントリー方法
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角へ変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑤同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑥打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後沼津駅北口近傍にて打上げと称する宴会をしています)

JAPAN DROME RACE 2017 CSC400タイムスケジュール
・開催日:11月4日(土) 予備日5日(日)
・開催条件:小雨決行11月2日12時のYahoo天気予報 静岡ー網代にて降水確率が80%以上であれば予備日に移行します。11月3日12時のYahoo天気予報 静岡ー網代にて降水確率が80%以上であれば中止とします。
・集合時間:午前8:00
・集合場所:日本サイクルスポーツセンター内伊豆ベロドローム脇駐車場部
・開催クラス:ストックカークラス・スーパートラッククラス・インディーカークラス・SPECクラス
※ 今回は、計測がありません

当日のスケジュール
8:00集合 エントラント確認およびエントリーフィー徴収
8:30スタッフの車を先頭に400mピストへ移動

~9:00全員参加にてコース清掃
9:00~開会式、写真撮影ほか
毎時
15分〜SPEC
30分〜インディ
45分〜トラック
00分〜ストック
とし、走行時間は10分間ずつとします。
エントラント各自で管理のこと。

コースクローズ16:30(厳守)

2017年9月14日 (木)

JDR2017 Rd.3 中止

残念ながら16日、17日とも降水確率が快方に向かうことはないようです。

残念ながらJDR2017-3の開催を中止いたします。
エントラント各位におかれましては宿泊のキャンセル等手配をお願い致します。
また、台風が絡んでいますので今回は飲み会だけでの集合もなしとしますね。
帰りが危ないとの判断です。
悪しからずご了解願います。

170914

2017年8月15日 (火)

JDR2017-3開催告知

’17/8/15 21:00 エントリー方法を追記

---------------------

開催日 9月16日(土)
予備日 9月17日(日)
エントリー受付期間 8月15日~8月25日

開催場所 スポーツランドやまなし内RCコース
開催クラス ストックカー・スーパートラック・インディーカー・SPEC

各クラスレギュレーション Japan Drome Race レギュレーション for SLy に記載

※出来るだけ期間中でさっさとお申し込みください。
エントリー方法
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角へ変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④ラップタイム送信用メールアドレス
⑤ポンダーID
⑥お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑦同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑧打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後甲府駅近傍にて打上げと称する宴会をします)
※ 複数エントリーの場合、エントリークラス、使用シャーシ、ポンダーIDの組み合わせが分かるようにしてもらえると助かります。

予備日への移行判断 9月14日正午 yahoo天気予報 山梨県甲府(中西部)にて9月16日の降水確率が80%以上であれば予備日へ移行、9月15日正午 yahoo天気予報にて9月17日の降水確率が80% 以上であれば中止(延期)とします。
エントリーフィー シングル¥5000 ダブル¥7000 トリプル¥9000 とします。 エントラント数により開催必要金額に満たない場合は現地にて追加徴収とします。

2017年7月31日 (月)

Japan Drome Race レギュレーション for SLy

【共通事項】
レース及び予選開始時のバッテリー電圧は8.40Vを上限とする。(Li-HV使用可)

スピードコントローラーはブリンキーモードとし、車検時ニュートラルでの点滅を確認できること。

ゴムタイヤを使用の際はCRC製もしくは各社より発売されているF1用もしくは外径64mm以下のキャップドラバータイヤとする。

【Nascar class】
chassis:1/10 DD
motor:JMRCA EPT スポーツクラスにて公認されている17.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル
tire:自由
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:8minの周回レースとする。

【Super Truck class】
chassis:1/10 DD
motor:JMRCA EPR スポーツクラスにて公認されている21.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル
tire:ゴムタイヤ
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:100lapの周回レースとする。

【Indy car class】
chassis:1/10 F1 or F103L
motor:25.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル
tire:ゴムタイヤ
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:10minの周回レースとする。

【SPEC class】
chassis:1/10 DD 自作シャーシは認めない。
※Front suspension:キングピンを使用したサスペンションに限定する。
  (1/12,1/10用INDサスペンション、F1用キングピンサスペンション等)
※※Rear suspension:キット純正に準拠のこと。
Body:以下2種に限定する。
Mcallister製
  GEN 6 FUSION Oval Body
  GEN 6 SS Oval Body
※カットラインはボディに準拠
※※リヤウイングもボディに付属の物以外は認めない。
※※※翼端板の追加も禁止とする。
motor:JMRCA EPR スポーツクラスにて公認されている21.5Tのモーターを1ケ車載する。
battery:2セル(ショートサイズ限定)
tire:ゴムタイヤ
予選形式:3分間の予選時間内でのベストラップ方式。
決勝長さ:5minの周回レースとする。
練習・予選・決勝を通しリヤタイヤの回転数は満充電時、コース設置のローラーを駆動し計測するローラーの回転数が9800rpmを超えないこと。

以上とします。

2017年7月11日 (火)

JDR 2017 Rd.2 タイムスケジュール

タイスケ発表しときます。

ゲートオープン 開きっぱなし。
清掃、計測セット8:00~
開会式その他8:30~
走行開始9:00~

毎時0分~10分 SC
毎時10分~30分 SPEC
毎時30分~0分 その他のクラス
〆16:30
宴会ミーティング19:00(甲府にて)

走行の際は各自の責任の元、周りをよく見て走らせてね。
SPECに関しては昼頃目安でローラー回転数の指定をする目標です。
その後はこちらから指定した数値に合わせてください。
(指数変更、進角変更などで)

暗いうちに到着して段取りするとか車の中で待機するのはいいんだけど熊、イノシシの出没が報告されております。
気をつけてね。
イノシシでもカナリ怖いから。
それから……物置作るとこの周囲に場所取りしないでね。
みんなが使える施設を作る為なのでご協力下さい。
できれば物置を境にコースから離れる方向で場所取りして下さい。

今回が初のイベントなのでそこをご理解の上、ご協力よろしくお願いいたします。

2017年6月19日 (月)

スポーツランド山梨への行き方他

Japan Drome Race 2017 Rd.2は、スポーツランドやまなし(以下、SLy)で開催されます。

その行き方です。
基本的には、SLyのホームページのアクセスを参照してください。
曲がり角に小さな看板があります。
Dsc_3786

車1台分の細い道です。
下の画像の分岐を、看板に従って、右に行きます。
Dsc_3787

下の画像を右に行くとRCのコース、
左に行くと実車のコースです。
Dsc_3789

JDRの日以外でも、SLyに連絡して、RCコースを利用できます。
実車コースにハウスがありますので、そちらで受付と走行料の支払いをしてください。
実車コースまでに、トンネルがあります。実車でも通れます。
Dsc_3792

Dsc_3794

Dsc_3796
走行料は、1日で3000円、半日で2000円です。
初回は、登録用紙に記入します。
受付が終わると、リストバンドを貰います。
Dsc_3797

RCコース手前に駐車スペースがあります。
Dsc_3798
Dsc_3799

コースは、3から4ターンにかけてのRが小さいエッグシェイプです。
170619
1周は、コース中央で170mだそうです。

1から2ターンのちょうど操縦台から見えない部分に、排水溝があります。
Dsc_3801

バックストレートは、半分より内側を走ると、ハネ上がります
Dsc_3803

操縦台は、2階です。
Dsc_3804

操縦台下に電源があります。
Dsc_3819

注意事項としては、
春は花粉が多いです。
夏場は、虫が多いので、防虫剤は必須です。

ホコリが多いので、ブロワなどを用意しておくとよいです。

CSCと違って、都合のよいときに練習できますので、
どんどん練習に行ってください。

営業日は、実車コースと同じです。
コース利用可能時間は、9:00~17:00です。
但し、11月~3月頃は、雪などの影響を受け易いので、注意が必要です。

JAPAN DROME RACE 2017-2 開催告知、タイムスケジュール

'17/6/20
SPECクラスのレギュレーションに追記しました。(黄色の部分)
----------------

場所:スポーツランドやまなし
住所:山梨県韮崎市穂坂町柳平2492
開催日
7月15日(土)予備日16日(日)
エントリー期間 6月20日~7月5日
※出来るだけ期間中でさっさとお申し込みください。
エントリー方法
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角に変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④ラップタイム送信用メールアドレス
⑤ポンダーID
⑥お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑦同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑧打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後甲府駅近傍にて打上げと称する宴会をします)

・開催条件:小雨決行7月13日12時のYahoo天気予報 山梨県中西部(甲府)にて降水確率が80%以上であれば予備日に移行します。
7月14日12時のYahoo天気予報 山梨県中西部(甲府)にて降水確率が80%以上であれば中止とします。
・集合時間:午前7時
・集合場所:スポーツランドやまなし RCコース
・開催クラス:ストックカークラス・スーパートラッククラス・インディーカークラス・SPECクラス・SCクラス
当日のスケジュール
7:00集合 各自テント等ピット設営 コーラ撒き
7:30集金
8:00以降準備が整い次第コースイン

今回はテストデーです。
タイム計測は行います。
ラップタイム送信も行います。
※計測システムがRC3のため、RC4(3本線)のポンダーは使えません。
RC4ハイブリッド(2本線)は使えます。

走行の縛りをしませんが、周りを注意して練習してください。
SPEC・SCは縛るかも。
このあたりもう少し考える時間ください。

※グリップ剤の持込は禁止します。もし僕が見つけたら宴会での僕の分を払ってもらいます。

ざっくりなレギュレーション
・ストック:17.5T 2S ノンブースト
・トラック:21.5T 2S ノンブースト
・インディ:25.5T 2S ノンブースト ゴムタイヤ
・SPEC  :21.5T 2S ショートリポ ノンブースト ゴムタイヤ
ボディ:マッカリスター製GEN6ボディ2種(FUSION,SS)
カットラインはボディキットに準ずる
リヤパネルカット不可
リヤウイングはボディキット付属のリップのみ。
(翼端板は走らせて考える)

・SC :13.5T 2S ノンブースト

エントリーフィー:参加者数見て後日発表

こんなとこかな?

これまで練習に行かれた方々の報告にあるように虫除け必須のようです。

その他、ご質問等あればおいおい決めましょう。

当日僕は物置をつくります。
ヘルパー募集です。

2017年3月19日 (日)

JDR2017-1あとがき

Dsc_3115


Dsc_3117

初めて採用したSPECクラス。
普段の速度に慣れちゃった僕たちには若干の物足りなさを感じ....って方多かったんじゃないかな?
今回走行した2台、シャーシ以外はESC・モーター・ギヤ比・ホイール・タイヤ・ボディに至るまで共通でバッテリーも容量規制が入るトコトンまでイーブンなレギュです。
で、どこで差がつくかって?
ラインどりとモーターからのパワーを路面にいかに伝えるか?ってマシンセットの2点。
基本に立ち返るにはとても良いクラスだと思います。
今後のレギュの参考にしましょうね。色々とアレンジはするけど大がわりはさせない方向で。最初の一歩から中級者までちょうどいいなと思います。

ペースカーの事
各クラススタート時にペースカーを導入しスタートでのスピンアウトを防いでみました。結果どうかというと...慣れがいるのはわかってた事なんだけど
スタート→リタイアとか
スタート→周回遅れ
スタート→グチャグチャ
よりよっぽどいいと思います。
できればがんばって各車1.5m間隔以下で周回できれば理想.....
難しいけど頑張ろう!!

レースの事

ストック
内容が内容なんでどうしても私情が入ってしまうんだけどちょっとだけみんな我慢してね。
内藤師匠優勝おめでとう
本当に待ちに待ってた!
自分の事の様に嬉しかった!!
って事でストックはTQ&WINで内藤さん
レース全体としては落ち着いた見ていて楽しめるレースだったと思います。
鎌田選手はラップダウンがとても少ないセッティングを見出していました。
マシンだけなら最速でしたね本当に........勿体無い....
ただレースとしては自分とこで謝ってたんで僕はこれ以上言わんとこ....

トラック
伊藤さん、ボブさんの予告通りの優勝おめでとうございました。
HV Lipoを8.4Vで使用する事による実容量の変化、ペースカーでの周回があり今までより実質周回が増えた事、様々な要因があると思いますが100周完走はお一人でした。
おめでとうございました

インディ
依田さん、WD時代だと強制リタイアとなる3輪走行での優勝、歴史に残りそうです。
レースとしては台数が多かったけど私としては思ったほど荒れなかったな....が素直な感想。
レーシングアクシデントは9台だったかな?今野さん次回期待してます。

僕から皆さんへのお願い事、閉会式で僕が言ったことをみんなもう一度胸に留めておいてくださいね。
「レースを降りる勇気が必要な時もある」って件。

雑な締めでごめん、許してね。

って事でここからが報告です。

約20年お世話になった250mピストとお別れする時がついに来てしまいました。
エイ出版 RCワールドの皆さんが作ってくれJDRに引き継いだ世界最速のRCカーレースはこれでひとまず終焉を迎えることとなります

ピストでRCを走らせる事が好きで好きでたまらなく動き出した素人の私を支えて下さった
kimihiko-yanoさん、
トリオンさん、
JDRスタッフ、
エントラントの皆さん、
CSCの皆さん
本当にありがとうございました。

JDRを通して私は世界一最高に楽しいダチがこの3年でできたと思っています。
これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今後は7月よりスポーツランド山梨でJDR第2章が始まる事となります。
こちらはJDRメンバーで新しい歴史を作っていく事となります。
皆さんのご協力をお願いいたします。
もう一つの方の事はまた進展があった際に報告しますのでその際は皆さん相談にのってくださいね。

JDR代表 永田勝己

«Japan Drome Race Rd.1 結果