2017年3月19日 (日)

JDR2017-1あとがき

Dsc_3115


Dsc_3117

初めて採用したSPECクラス。
普段の速度に慣れちゃった僕たちには若干の物足りなさを感じ....って方多かったんじゃないかな?
今回走行した2台、シャーシ以外はESC・モーター・ギヤ比・ホイール・タイヤ・ボディに至るまで共通でバッテリーも容量規制が入るトコトンまでイーブンなレギュです。
で、どこで差がつくかって?
ラインどりとモーターからのパワーを路面にいかに伝えるか?ってマシンセットの2点。
基本に立ち返るにはとても良いクラスだと思います。
今後のレギュの参考にしましょうね。色々とアレンジはするけど大がわりはさせない方向で。最初の一歩から中級者までちょうどいいなと思います。

ペースカーの事
各クラススタート時にペースカーを導入しスタートでのスピンアウトを防いでみました。結果どうかというと...慣れがいるのはわかってた事なんだけど
スタート→リタイアとか
スタート→周回遅れ
スタート→グチャグチャ
よりよっぽどいいと思います。
できればがんばって各車1.5m間隔以下で周回できれば理想.....
難しいけど頑張ろう!!

レースの事

ストック
内容が内容なんでどうしても私情が入ってしまうんだけどちょっとだけみんな我慢してね。
内藤師匠優勝おめでとう
本当に待ちに待ってた!
自分の事の様に嬉しかった!!
って事でストックはTQ&WINで内藤さん
レース全体としては落ち着いた見ていて楽しめるレースだったと思います。
鎌田選手はラップダウンがとても少ないセッティングを見出していました。
マシンだけなら最速でしたね本当に........勿体無い....
ただレースとしては自分とこで謝ってたんで僕はこれ以上言わんとこ....

トラック
伊藤さん、ボブさんの予告通りの優勝おめでとうございました。
HV Lipoを8.4Vで使用する事による実容量の変化、ペースカーでの周回があり今までより実質周回が増えた事、様々な要因があると思いますが100周完走はお一人でした。
おめでとうございました

インディ
依田さん、WD時代だと強制リタイアとなる3輪走行での優勝、歴史に残りそうです。
レースとしては台数が多かったけど私としては思ったほど荒れなかったな....が素直な感想。
レーシングアクシデントは9台だったかな?今野さん次回期待してます。

僕から皆さんへのお願い事、閉会式で僕が言ったことをみんなもう一度胸に留めておいてくださいね。
「レースを降りる勇気が必要な時もある」って件。

雑な締めでごめん、許してね。

って事でここからが報告です。

約20年お世話になった250mピストとお別れする時がついに来てしまいました。
エイ出版 RCワールドの皆さんが作ってくれJDRに引き継いだ世界最速のRCカーレースはこれでひとまず終焉を迎えることとなります

ピストでRCを走らせる事が好きで好きでたまらなく動き出した素人の私を支えて下さった
kimihiko-yanoさん、
トリオンさん、
JDRスタッフ、
エントラントの皆さん、
CSCの皆さん
本当にありがとうございました。

JDRを通して私は世界一最高に楽しいダチがこの3年でできたと思っています。
これからもよろしくお願いいたしますm(_ _)m

今後は7月よりスポーツランド山梨でJDR第2章が始まる事となります。
こちらはJDRメンバーで新しい歴史を作っていく事となります。
皆さんのご協力をお願いいたします。
もう一つの方の事はまた進展があった際に報告しますのでその際は皆さん相談にのってくださいね。

JDR代表 永田勝己

2017年3月18日 (土)

Japan Drome Race Rd.1 結果

Japan Drome Race 2017 Rd.1の結果です。

【予選】
・Indy
Dsc_3123

・Truck
Dsc_3124

・Stock
Dsc_3125

【決勝】
・Indy
Dsc_3127

Dsc_3130

Dsc_3144
依田選手が、途中で左前タイヤを脱落させて3輪状態で優勝しました。

・Stock
Dsc_3129_2

Dsc_3131

Dsc_3141
オーバル師匠と呼ばれる内藤選手が、RC World Drome、Japan Drome Race合わせても、初優勝しました。

・Truck
Dsc_3137

Dsc_3139

Dsc_3143_2
伊藤選手が、終始安定した速度で、優勝しました。

2017年3月11日 (土)

JDR2017-1 タイムスケジュール更新

遅くなりましたがタイスケ発表します。
ちょっとせせこましいけど何とかなるかなと思います。
チェックお願いいたします。

7:00        集合 エントラント確認およびエントリーフィー徴収
7:30~      スタッフの車を先頭に250mピストへ移動 ピストへの坂道及び坂道上部手前の広場(前にトレーラーハウスが置いてあったところ)に各自駐車後、本部及びピット設営
※ロードコース部は競輪学校の生徒さんがトレーニングに使用されるので絶対に入らないこと。
     ~9:00 全員参加にてコース清掃、修理

9:00~      開会式、写真撮影ほか

9:20~ 9:25 Spec-R
9:30~ 9:40 インディー
9:45~ 9:55 トラック
10:00~10:10 ストック

10:20~10:25 Spec-R
10:30~10:40 インディー
10:45~10:55 トラック
11:00~11:10 ストック

11:20~11:25 Spec-R
11:30~11:40 インディー
11:45~11:55 トラック
12:00~12:10 ストック

予選(ベストラップ方式)
13:00~13:05 インディー
13:15~13:20 トラック
13:30~13:35 ストック

決勝
13:55~14:00 Spec-R(5分間)
14:10~14:20 インディー(10分間)
14:35~14:45 ストック(10分間)
15:00~      トラック(100周周回レース)

表彰式、閉会式、ミーティング
15:40~

コースクローズ
16:30(厳守)

2017年1月22日 (日)

モータレギュレーション追加(その2)

ストッククラスのモーターに関しレギュを追記致しました。
・2017年限定ルールとしてRCワールドドローム時代にとりおんさんより販売されたドロームスペシャル(通称「ドロスぺ」)も公認に追加いたします。
また、ローターの交換も可とします。
理由:ドロームスペシャルの抵抗実測値が44mΩ程度(※)だったため。
※ JMRCAのEPTクラス使用できるわけではありません

また、1/21時点でG-Styleの「GRAND SLAM Ⅱ 17.5T 2017」がJMRCA EPTに公認されています。

周知のほどよろしくお願いいたします。

2017年1月16日 (月)

モータのレギュレーション追加

モーターの件、以下ご連絡申し上げます。

・ストックカークラスのモーター
JMRCA EPTスポーツクラスにて公認を取得している17.5Tモーターに限る。

・スーパートラッククラスのモーター
JMRCA EPRスポーツクラスにて公認を取得している21.5Tモーターに限る。

・インディーカークラスのモーター
JMRCAにおいて現在公認種目がないためモーター缶もしくはベルに記載のある25.5Tとします。

※1月16日現在 2017公認モーターリストに該当モータは存在いたしません。
※※今後JMRCAのレギュレーションの変更に伴うモーターの仕分けに関しては、その都度協議を行い迅速に発表致します。

以上、皆様周知の程よろしくお願いいたします。

エントリー開始

1/15から、JDR 2017 Rd.1のエントリーが始まっています。

--------------------------------------------------
エントリー期間 1月15日~1月31日
※出来るだけ期間中で早めにお申し込みください。
エントリー方法
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角に変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④ラップタイム送信用メールアドレス
⑤ポンダーID
⑥お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑦同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑧打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後沼津駅北口近傍にて打上げと称する宴会をしています)

2017年1月 8日 (日)

開催場所追加

JDRの遊び場にスポーツランドやまなし(SLy)を公式に追加いたします。
http://www.sly-rc.com/
20170108sly01

注:JDR2017 Rd.1は、伊豆サイクルスポーツセンターで開催します

本日の打合せは以下の通りです。
・コース補修を行う。
・コース清掃を行う。
・計測室の窓ガラスを入れ替える。
・トイレ、電源を使えるようにする。
ここまで、SLy支配人 上野さまが約束してくださいました。
15941065_1309604219083160_255473324
※ 画像は、補修予定の2ターン付近

さらに嬉しいことに
『レース以外の日も予約してくれれば練習に来てもよい』
という事です。

これで、正式にキックオフです。

レギュはJAPAN DROME RACE 2017のままとします。
各クラスともスポンジタイヤ禁止としキャップドタイヤを使用とします。
先ずはみんなでテストしてみましょう。
ボディ、タイヤ、指数………今までとはまるっきり変わることになるかもしれません。
ベロドローム(ハイバンクオーバル)車よりフラットオーバル車の方がいい結果になるかもしれません。
私達の想いを受け止めて下さった事に感謝してみんなで遊びましょう。

7月の第3土曜日(15日) を予定します。
日時の公式連絡は追っていたします。

2016年12月31日 (土)

JDR2017 Rd.1 スケジュール

・開催日:3月18日(土) 予備日19日(日)
・開催条件:小雨決行3月16日12時のYahoo天気予報 静岡ー網代にて降水確率が80%以上であれば予備日に移行します。3月17日12時のYahoo天気予報 静岡ー網代にて降水確率が80%以上であれば中止とします。
・集合時間:午前7時
・集合場所:日本サイクルスポーツセンター内伊豆ベロドローム脇駐車場部
・開催クラス:ストックカークラス・スーパートラッククラス・インディーカークラス

当日のスケジュール
7:00集合 エントラント確認およびエントリーフィー徴収
7:30スタッフの車を先頭に250mピストへ移動 ピストへの坂道及び坂道上部手前の広場(前にトレーラーハウスが置いてあったところ)に各自駐車後、本部及びピット設営
※ロードコース部は競輪学校の生徒さんがトレーニングに使用されるので絶対に入らないこと。
~9:00全員でコース清掃、修理
9:00~開会式
9:30~クラスごと練習走行
9:30~ 9:40インディー
9:45~ 9:55トラック
10:00~10:10ストック
10:25~10:35インディー
10:40~10:50トラック
10:55~11:05ストック
11:20~11:30インディー
11:35~11:45トラック
11:50~12:00ストック
予選
インディー:13:00~13:05(5分間)
トラック:13:15~13:20(5分間)
ストック:13:30~13:35(5分間)
決勝
インディー:14:10~14:20(10分間)
ストックB:14:35~14:40(5分間)
ストックA:14:50~15:00(10分間)
※ ストッククラスに関して
   今回より17.5T化するにあたり、決勝をメイン分けします
トラック:15:15~100周周回レース
表彰式、閉会式
16:30コースクローズ

JDR2017 Rd.1開催告知・エントリー方法

場所:日本サイクルスポーツセンター250mピスト
住所:静岡県伊豆市大野1826
開催日
3月18日(土)予備日19日(日)
エントリー期間 1月15日~1月31日
※出来るだけ期間中で早めにお申し込みください。
エントリー方法
japan_drome_race@yahoo.co.jp (@を半角に変更)へ以下内容を送信願います。
①氏名
②エントリークラス
③使用シャーシ名称
④ラップタイム送信用メールアドレス
⑤ポンダーID
⑥お電話番号(現地での連絡にも使用いたしますので携帯電話番号が望ましい)
⑦同伴者の氏名(イベント保険に登録するため)
⑧打上げ出欠の記載(土曜日に開催できた場合はイベント終了後沼津駅北口近傍にて打上げと称する宴会をしています)

JDR2017公式レギュレーション

公式レギュレーション
(2015.11.19モーター、バッテリーの項改定)
(2016.12.31バッテリー、ストッククラス用モーター及び翼端板の項改定)

◎共通事項
・バッテリー LiPo2セル
※-1 RCカー用として販売されておりハードケースに入っているものであること。
※-2 走行前のバッテリー電圧は8.40Vを上限とする。(予選前・決勝前測定します)
※-3 予選直前にバッテリーにマーキングをし、決勝後チェックを行いマーキングが確認できないものに関しては失格
※-4 Li-HVの使用を認める。ただし※-2の規定に準ずる。
※-5 全クラス予選走行後バッテリーへの充電を禁ずる。
・ESC  ストックモードにて外部より確認できるものを使用のこと。
※-1 ストックモード=スペックモード・ブリンキーモード・no-timingモード
※-2 Li Poカットは必ず設定のこと。(2S設定とし、1Sあたり3.1Vを下限とする)
・モーター 540サイズ センサー付ブラシレスモーター JMRCA認定品(25.5Tに関しては現在認定品が存在しないのでターン数を確認できるものとする)
・その他
AMB社製マイポンダを搭載の事
受信機用バッテリーの使用は可
・禁止事項 
タイヤグリップ剤の使用(クリーナーは許可)
バッテリーウォーマーの使用
・エントリーフィー
シングルエントリー \7,000-を基本とし、必要総金額に満たない場合は追加徴収といたします。(千円単位)
・エントラント数 各クラス20名を上限とする。(エントリーするスタッフを除く)
・エントラントの負担
エントリーフィー
発電機等の充電用他電源
掃除道具

◎ストックカークラス
・シャーシ 1/10ダイレクトドライブシャーシのナロータイプ(最大幅180~205mmまで)
・モーター JMRCA認定品 17.5T
・ギヤ比 指定無し
・ボディ 市販の1/10ストックカー用ボディを使用の事
・カットライン 実車に準じたカットラインが望ましいがボディの全長が変わらない範囲でのリアパネルカットは可
・ウイング ボディの全幅、全高、全長を超えないサイズの直付けリップスポイラーもしくは外付けクリアウイングのみ。
・リヤウイングの翼端板に関して
サイズ:W70mm H51mm以下
取付の制限:翼端板の後端がボディの後端を超えないこと。
翼端板の上端がボディーのルーフ高を超えることは許可。
塗装は不可。
・カラーリング 実車ストックカーの雰囲気に準じたもの。※両サイドのドア、ルーフへのカーNo.は必須とします。(番号は自由)
・タイヤ 市販のものであれば加工可。グリップ剤の使用は禁止する。但しクリーナーの使用は可
・バンパー 安全のためウレタン製のバンパーを装着のこと。

◎トラッククラス
・シャーシ 1/10ダイレクトドライブシャーシのナロータイプ(最大幅180~205mmまで)
・モーター JMRCA認定品 21.5T
・ギヤ比 指定無し
・ボディ 市販の1/10スーパートラック用ボディを使用の事
・カットライン 実車に準じたカットラインが望ましいがボディの全長が変わらない範囲でのリアパネルカットは可
・ウイング ボディの全幅、全高、全長を超えないサイズの直付けリップスポイラーのみ。翼端板は取付不可。
・カラーリング 実車スーパートラックの雰囲気に準じたもの。
※両サイドのドア、ルーフへのカーNo.は必須とします。(番号は自由)
・タイヤ 市販のものであれば加工可。グリップ剤の使用は禁止する。但しクリーナーの使用は可
・バンパー 安全のためウレタン製のバンパーを装着のこと。

◎インディーカークラス
・シャーシ タミヤ製F103及びF104と同様のディメンションを持つF1用シャーシ並びにF103Lシャーシ (但し1/12用などINDサスを流用したものは不可)
・モーター 25.5T(モーターに記載があり確認できること)
・ギヤ比 指定無し
・ボディ タミヤ製F103L用ボディ並びにサイドリバーより販売されていたインディーカーボディ、ZEN製インディーカーボディ、マッカリスター製インディーカーボディ、CROSS製インディーカーボディ、kimihiko.yanoで販売するagartha works製インディーカーボディ
・ウイング 実車のディテールに準じた形状を再現したウイングを使用の事。フロントウイングにポリカーボネート製の製品を使用することは不可(ただし、agartha works製インディーカーボディ付属のポリカーボネート製ウイングの使用は認める)。
・カラーリング 実車インディーカーの雰囲気に準じたもの。
※フロントノーズ、翼端板へのカーNo.は必須とします。(番号は自由)
・タイヤ BSRに代表されるキャップドタイヤ、スポンジタイヤ、ゴムタイヤなど市販品を使用すること。
スポンジタイヤ、ゴムタイヤにおいては、ホイール、インナー等の組み合わせは自由。
ベアリング穴径拡大など装着上必要な加工は認める。
タイヤ径、幅は不問。ただし、スケール感を無視したタイヤの使用は競技長判断により使用を認めない場合がある。
禁止タイヤ例:
・ツーリングカー用タイヤ及びホイール(GT500に類するタイヤをフロントに使用することは許可)
・リヤにドラッグマシンのような超大径タイヤ
推奨タイヤ:
・フロント:BSRキャップド Lサイズ
・リヤ:BSRキャップド Rサイズ(非ナロー幅)
推奨しないタイヤ
・ナロー(F104等)用の各種ゴムタイヤは操縦性の面で推奨しない。
・リヤにスポンジタイヤをそのまま使用すること

«Japan Drome Race 2017 Rd.1 開催決定